ポスターパネルの4辺開閉式について

ポスターパネルはポスターを綺麗に飾るためには欠かせないアイテムの1つです。パネル自体には種類があり、その中でも代表的なのが4辺開閉式タイプのパネルになります。パネルの4つの辺全てが開閉されるタイプで、パネルの表側が開くため前面開閉式とも呼ばれることがあります。このタイプのパネルは工具なども必要なくパネル自体をひねれば開閉できるので、ポスターの取り付けや取り外しがとても簡単にできるのが特徴になります。一般的にこのタイプのパネルは幅が広くサイズも大きなものが多いです。そのためパネルの中でも値段が高い物が多く高価な部類に入る種類になります。作りが丈夫で見た目も豪華なものが多いので、長期的にポスターを飾る際に使用するのがおすすめです。人気が高いのはA2サイズやB2サイズなどポスター自体が大きい物になります。A4サイズなど小さいものもありますが、4辺開閉式の場合はコストが高くかかりすぎるため注意して選ぶのがよいです。

スライド式のポスターパネルについて

ポスターを飾るために必要なフレームですが、仕様が簡単で取りつけば便利なタイプのパネルとしては1辺開閉のスライド式がおすすめです。スライド式の場合は1辺式のものもあれば2辺式のものもあり、好きな方を選ぶことが可能です。4辺開閉式とは違ってフレームの1カ所または2個所しか開閉しません。そのためポスターを入れる場合はスライドさせてポスターを入れたり出したりする必要があります。ポスターを入れる際は丁寧に扱わないと、途中で引っかかってしまい破れてしまったり折れてしまうこともあるので注意することが大切です。ただしポスターパネル自体は固定したままでポスターの出し入れが自由なので、部屋のインテリアなどで気分によってポスターを替えたい時などには便利なパネルになります。1辺式の場合はパネル設置の際に上にしてしまうと、取り付ける際が大変になるので、利用しやすい下側に開閉パネルが位置するよう工夫するとよいです。

ポスターパネルのパネルフレームについて

ポスターを飾る際に代表的なポスターパネルとして、パネルフレームがあります。絵画などを飾るような豪華なパネルが多く、その作りはパズルなどをしまう際に使用するパネルとほぼ同じ作りをイメージすると分かりやすいです。フレーム自体は工具を使って取り外しを行う必要があるため、ポスターの出し入れの際は手間がかかる点があります。ただし作りは丈夫で豪華なのでポスター以外に厚みのあるものでも飾ることができる利点があります。ポスター以外にも紙媒体であれば何でも飾ることができるので、パネルフレーム場合はポスターフレームと呼ばれることも多いです。パネルフレームは基本てきに工具を利用して取り付けなどを行いますが、最近では工具なしで取りつけできるものもできています。ただし取り扱いには注意しないと部品などが割れてしまうとし使用できなくなるので、丁寧に扱うよう注意するとよいです。